家庭教師を雇う【気になる業者はチェックしましょう】

勉強

最適な指導形態とは

study

それぞれの特徴とは

塾選びの際、まず、気をつけなければならないのが、指導形態の違いです。 集団指導の場合、1教室内に同じ目標をもったライバルがいます。そのライバル達と同じ時間を過ごすことによって、競争心が生まれ、より一層の学習意欲がわいてくるはずです。千葉県の集団指導塾を見ると、原則、5教科必修の塾が多く、得意科目も苦手科目も満遍なく指導を受けることができます。 一方、個別指導は、1対1または1対2の指導により、学習したい単元をピンポイントで学ぶことができます。集団指導よりも指導料金が高くなる個別指導では、ある特定の教科のみを指導している生徒が多いです。 また、選択時の重要なもう一つの要素に、「学習環境の提供」という事柄が挙げられます。これは自習室の設置や、常に質問対応ができるスタッフの配置等がしっかりしているかということです。受験生ともなると、授業の無い日は、自習室で勉強するのが当たり前の状況となります。自習室の環境は成績に大きな影響を与える要因の一つとなります。

これからも進化を続ける

千葉県の場合は、都内の高校まで受験の手を広げられる中心部は集団指導、また、千葉市以南の印旛・内房・外房地区といった、千葉県の中でも運動がさかんな地域は個別指導といった傾向があります。最近では、このような状況下で塾を選ぶ場合、欠席時の振替が効く個別指導に人気があります。部活動で帰宅時間が遅くなったときや、私用による予定の変更、また、諸事情により勉強に集中できないときなどの振替授業は大きな強みとなります。集団指導では欠席時に振替授業を行わないのが大原則です。 しかし、最近の集団指導塾では、個別指導塾に対応するために様々な取り組みをしています。欠席時はあらかじめ講師側が用意した授業ノートを配布したり、苦手教科を無料で個別指導するような塾も出てきています。 今後の学習塾はますます、生徒・保護者のニーズを満たすため、多様な取り組みを取り込んでくるはずです。塾を選ぶ際は、まず体験授業に行き、さらには近隣の塾との比較を十分にしてから検討することが重要と言えるでしょう。